えびフライ日記

中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室講師♪吉瀬弥恵子の日記です。裏技テク毎日更新中(゚∀゚)ノ

<<071234567891011121314151617181920212223242526272829303109>>

あご当て

あごの左側の、えらの部分をあご当ての
つけ根辺りに乗せます。

東京・中野・練馬・江古田、ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室<br /> あご当て
頭は少し左側に傾けます。

楽器は左側の鎖骨に乗っているので
バランスが取れて、両手がフリーになります。

耳は、あご当てに付くか付かないか
ぐらいの位置にあります。

人によって違いますが、力を入れなくても
カチッとハマる位置が必ずあるので
気長に探してみましょう。

わからない時は、肩当てを使ってみるのも
一つのアイデアだと思います。



中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室
☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、
わかりやすく、楽しく、早く上達できます!!!

中野 江古田 バイオリン 個人レッスン ヴィオラ 吉瀬弥恵子 ワイズ音楽教室
↑↑ 中野練馬江古田東京 ワイズ音楽教室 (゜∀゜)ノ

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

comment

おはようございます

何でも自分に合った形を見つけないとですね(;^_^A

taro1980|2017/01/22|edit
やっとわかってきました

前からここを見て構え方を試行錯誤してましたが、最近になってわかったのはいくら取り付け位置や当てる場所を替えても、顎宛てが自分に合ってなければ時間の無駄だったように思います。
やっと自分に合っていそうな顎宛てと出会い思うのは、楽器が良く響く構え方と、楽器が安定する構え方、もちろんその中間などがあるように思えてます。
ここに書いてある構え方は楽器が良く響く構え方で私にはもうちょっと安定度重視のほうが合っているように思い、試行錯誤しています。
いわゆる「エラ」というか、顎の端の骨の出っ張った部分を顎宛てに当てると、楽器が少ない点(面)で触れるので響きやすい。
でも私にはちょっと痛くて、もうちょっと顎先の方にづらしてより平坦な部分を顎宛てに当てる方がより広い面が楽器に当たるので、楽器の安定度が増して演奏しやすいです。もっとも響きはちょっとスポイルされますけどね。
「定石」はあるのでしょうけど、やっぱり体型とか力の有無、楽器などの響きの大小などで少しづつ変わるのでしょうね。

まいける|2017/01/23|edit
taro1980さん(*゚▽゚)ノ

こんにちは♪

自分に馴染めば、どんな形でも
いいと思います(*゚▽゚)ノ

吉瀬 弥恵子|2017/01/23|edit
まいけるさん(*゚▽゚)ノ

こんにちは♪

どんな構え方でも、力を使わず、痛くなくて
自分に合っていればいいと思います(*゚▽゚)ノ

構えた時に両手を離せる、歩ける、話せる、
楽器を外しても普段の姿勢と同じ、というのが
理想です。

吉瀬 弥恵子|2017/01/23|edit
持ち方

吉瀬先生、こんにちは。
顎の位置でカクッとはまる場所はわかったのですが、左耳が楽器に近くなり音が大きくうるさく感じられます。
先生はどうですか?

一院生|2017/01/31|edit
一院生さん(*゜▽゜)ノ

こんにちは♪

見つかりましたね(*´∇`*)

その場所は、しっかり止まって、かつ
自由に頭が動かせるので、もう少し頭を
まっすぐに戻す角度にするとかで
調節できると思います(*゜▽゜)ノ

吉瀬 弥恵子|2017/02/03|edit

comment form

管理者のみ閲覧可能
menu|123
プロフィール
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
相互リンク(´∀`)人(´∀`)募集中 Ys音楽教室バナー 音大受験HPバナー
Yaeko Yoshise

mixi(ミクシィ)やってます! twitter
copyright © えびフライ日記. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc01simple1 design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください