えびフライ日記

中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室講師♪吉瀬弥恵子の日記です。裏技テク毎日更新中(゚∀゚)ノ

<<071234567891011121314151617181920212223242526272829303109>>

弓をまっすぐにする方法

右腕を左手でつかみます。
中野・江古田 バイオリン 個人レッスン ヴィオラ 吉瀬弥恵子 ワイズ音楽教室 弓をまっすぐにする方法
楽器の頭のすぐ横に、譜面台を置きます。

弓が後ろにいく人は、右腕が後ろにいくので
それを止めます。

つかんでいると、後ろにはいかず、
楽器も左に逃げられません。

両手の角度が狭くなり、
弓はまっすぐになります。

これでくせをつけてもいいし、
鏡を見てもいいと思います(*^^*)

次に、腕を固定したまま、
楽器を左右に動かして弾いてみます。

弓を返す瞬間だけ、とても速くなって
アクセントがついてしまう人が多いです。

楽器の方を動かすと、身体はそんなに速く動かせないので、
絶対にアクセントはつきません。

これで慣れると、弓を返す瞬間に
アクセントが付いているのに気付くようになります。



中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室
☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、
わかりやすく、楽しく、早く上達できます!!!

中野・江古田 バイオリン 個人レッスン ヴィオラ 吉瀬弥恵子 ワイズ音楽教室
↑↑クリックしてね!!(゜∀゜)ノ

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

comment

今度やってみます。

こんな方法もあるんですね。
今度やってみます。
私が習ったのは、、右肘を壁際につくような位置で、ボーイング。
右肘が下がると、壁にぶつかります。

全弓で弓幅を大きく使うこつは、ありますか?
(だんだん音程をきにするあまり、弓幅が小さくなってしまう傾向があります。)

ちさこ|2015/02/08|edit
ちさこさん(*゚▽゚)ノ

こんばんは♪

どんな格好でも、とにかく弓がまっすぐになったら
それでいいと思います(o^∇^o)

弓をまっすぐにする練習ついでに
全弓でゆっくり弾いてみてはいかがでしょうか?

慣れたらスケールを全弓で、
それもクセがついてきたら、
ヴィブラートを足したりして、
できることを少しずつ増やしていくと
楽しいですよ~(*´∇`*)

吉瀬 弥恵子|2015/02/09|edit

comment form

管理者のみ閲覧可能
menu|123
プロフィール
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
相互リンク(´∀`)人(´∀`)募集中 Ys音楽教室バナー 音大受験HPバナー
Yaeko Yoshise

mixi(ミクシィ)やってます! twitter
copyright © えびフライ日記. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc01simple1 design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください